ペット葬儀

炎

近年では盛んにペット葬儀と言うものが行われています。
それは、ペットが亡くなってしまった時に人間と同じような方法で葬儀を行うと言うものです。
ペット葬儀の内容は近年では、ほとんど人間と同じ方法になっています。
また、一昔前まで値段の高い状況にあったペット葬儀も近年は比較的安い価格で出来る様になっています。
この様に、近年はペット葬儀そのものが全国的にかなりの割合で、一般的なものになっている傾向にあります。

ペット霊園について
一昔前まではイヌやネコなどが亡くなってしまった時には家にある畑やなどに個人で埋葬すると言うことが一般的なことでした。
しかし、近年ではその様なことはほとんど行われておらず、多くの場合においてペット霊園と言う場所に埋葬すると言うことになっています。
ペット霊園とは、ペットのみを埋葬することが出来るお墓のことであり、近年はとても多くのペットを飼っているほとんどの人々が利用している場所の一つとなっています。

ペット霊園とは何か

枯れた草

ペット霊園とは、ペット専用の霊園で全国に展開されています。
ペット個々の名前が入った墓の個別墓地と他のペットと一緒に眠る共同墓地があり、他にも期限付きで預かってくれる納骨堂があるペット霊園も多いです。
どれにするかは飼い主の方が選べます。
費用は、共同墓地が1番安いです。
個別墓地は高めの設定のところが多いです。
納骨堂は期限があるのでペットロスなどでまだ区切りがつかない方は選ぶことも多いですがいずれ墓地に埋葬しなくてはいけないので飼い主の方のニーズに合わせて選択するといいです。

ペット火葬
近年では、ペットが亡くなってしまった時には人間と同じように葬ると言う習慣があります。
一昔前までは人間のみ火葬があり、ペットは火葬が無いと言う習慣がありましたが、近年はペット火葬と言うことが多く行われています。
この、ペット火葬とは専門の業者がペット用の火葬をするための機械で亡くなったペットを火葬すると言うものになっています。
また、その処理の価格も安いために、近年は多くの人々がペットを火葬しています。

ペット葬儀とは何か

墓地

ペット葬儀とは、大切に育てて一緒に暮らしてきたペットが亡くなった時にペットの弔いと飼い主の精神的な区切りをつける為に行われる儀式のことです。
ペットは家族の一員として大切にされてきた飼い主の方の中には亡くなったことによる喪失感(ペットロス)が精神的に追い詰める方がいます。
そのようなことが無いように亡くなったけど最後まで見送ることでペットも幸せな最期を送ることができたいう気持ちになるように実施する方も多いです。
最近は、ペット葬儀を行う業者も増えてきたのでもしものことに備えて探しておくと焦らずに対処できます。

ペット火葬も実施
葬儀が執り行われると次はペット火葬も行う事が可能です。
ペット火葬は、ペット霊園と併設されていることが多いです。
火葬場によって、他のペットと合同の火葬と個別に火葬を行う所、またはどちらか選択できる所があります。
大体1時間前後程で終わります。
金額は、ペットの種類によって変わります。
大体1万円~3万円の金額になる所が多いですが、詳しい金額は問い合わせる方が確実です。
火葬が終わると納骨してもらい終了です。
その後にペット霊園にてお墓などの手続きを行ないます。

カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
カテゴリー